1. ホーム
  2. Diary
  3. 最近観た映画とか最近の絵とか

ステイホームや午後ローで履修した映画のメモです。
午後ローで履修した映画については少し飛び抜けているところがありますが、備忘録も含めてなのでご勘弁を。

最近観た映画

スネーク・フライト

フライト中に色々蛇が飛び交うやつ。
午後ローで履修したけどパニック映画あるあるとノリの軽いコメディシーンが詰まっていたりと良かった。
途中観てなかったシーンもあるから全部通して観たいところ。

ロスト・バケーション

サメ映画。食われないようにするため、サメの旋回スピードを計算したり、岩場でずっと待機してたりと、緊迫感のある映画。

刑事ジョン・ブック 目撃者

刑事が殺人事件の目撃者である少年を引き連れて田舎に匿う映画。
田舎で出会った先で出会った母親と交流して刑事を引退して田舎暮らしをするのかな…と思ったら
あっさりと関係は解消してしまった。

センター・オブ・ジ・アース

エンタメ臭のつまった地底旅行。2も観たけど2のほうがコメディ臭が強い。
そして2は地球の中心にたどり着いてすらいない。

ジュラシック・シャーク

湖で泳ごうとしたらサメがいたりするやつ。とにかく無駄なシーンが多くて退屈なのと、
カメラワークの素人さが目立つ。女子大生が後に犠牲者を出していけないという理由で頑張る映画。
B級だけど、カメラワークの大切さを知れる映画

デビルシャーク

ストーリーにおける起承転結がいかに大事かということを教えてくれる映画。
このシーンが後にどういうシーンに結びつくんだろう・・とか考えてたら回収されずに終わったりととにかく疑問点が多く出ます。
なるべくクソさを共有するために複数人で観ることをおすすめします。

ハウスシャーク

サウスパークの脚本家がサメ映画を書いたらこうなるのではと思うくらい下品。
だけど、上記2つのサメ映画に比べては、かなり楽しかった。
作り物の臓物描写や、汚いシモネタが受け入れられるなら観てほしい。
出てくる登場人物も変人しかおらず、人物の見分けがつかないということは無いです。

ナチョ・リブレ

ジャック・ブラックが出るやつ。カンフー・パンダのプロレス版といったところ

クレイマー・クレイマー

バケツでごはんで知った作品。妻を失った父親が仕事に子育てに奮闘するやつ…かと思ったら肝は後半に妻と裁判で争うところだった。
失踪した妻を失って得たものとかもう元に戻らないものとか、そういったものを含めて少ししみるものを描いているなあと感じた

インセプション

長い…そして設定が複雑だけど夢や深層心理を通して過去の自分からの解放というのが書かれていたなあと感じた。
ちょうど今IMAX版で上映してるのね。家で観るよりかは劇場で集中して見たい映画。

ハムナプトラ

USSにあるリベンジ・オブ・ザ・マミーの元になった映画。
あまり深く考えずに観れる映画。劇中のエジプト感ある世界観の作り込みはすごいなあって。続編も見たい。

最近の出来事とか

思うように旅行ができない状況ではあるものの、過去の旅行については振り返られる時期でもあったりなので、レポ漫画を描く試みをしています。
ある意味、レポ漫画だからかけるどうでもいい描写を伝えられたらなあと思います。


キッカケ?は絵かきは自分が体験したことしか描けないタグ(多分本来のタグのニュアンスは違うんだろうけど)で、フォロワーと過去の旅行話していて、旅行レポ漫画、、いいよねな話になってじゃあ今更だけど描きたいねな話になって今に至るというわけです。


とにかく、クオリティ云々よりかはスピード感とかを重視して旅行中にこんなことあったよとかできたらなあと思います。
変にクオリティ気にして、作品出さない・・・みたいな展開にはしたくないどす。
まだ出発すらしていない状況で、3ページ目到達している進捗ですが気長にかければと思います。


楽しかったね…(白目)

0