1. ホーム
  2. Diary
  3. KFP勢による和歌山旅行 #1日目

1日目

前泊編のリンクはこちら:KFP勢による和歌山旅行 #前泊編

旅行メンバーが全員揃う1日目です。

ざっくり1日目スケジュール

新大阪駅集合

くろしおで移動

現地にてレンタカー借りて移動・観光

ホテルで食事

チェックアウト→集合

ホテルの朝食

朝食はホテルでいただきました。定食+好みの小鉢をいただくスタイルでした。
小さい朝食会場であったけど、時間をずらしたおかげか人もほぼいなかったのでストレスフリーな朝食でした。
コーヒーも部屋に持ち帰られたのは大きいです。

ホテルを新大阪駅近くに取ったので、10時近くまでホテルで滞在できたので落ち着きながら身支度できました。

集合場所の千成びょうたん

集合前に特急券を受け取る必要があったのですが、乗車券や特急券や領収書などなどを4人分まとめて発券したところ、全部で23枚くらい出てきて焦った。集合場所の千成びょうたんの前で一人ずつに仕分けしていただいたりしながら参加者の到着待ってました。
特にトラブルもなく、集合時間の5分前には全員集合。トラブルを見越して集合時間の45分後に特急の発車時刻を設定したけど余裕持って行動できましたわ。

mozuさんには事前にお渡しした今回の旅行のしおりをmonmonさんとナンモさんにお渡しし、旅のテンションを高めました。ちなみに印刷所の特典で8枚ほどポストカードを作れたので、表紙と裏表紙のデータを使ってポストカードもお渡ししました。ちなみに今回不参加であったキトさんには後日郵送でしおりをお渡ししました。

出発!

きっぷ

コンビニで必要なもの調達したり、トイレ行ったりして新大阪駅から11:15初のくろしお9号で出発!

写真は白浜駅で撮ったものですが、なんとアドベンチャーワールド仕様のくろしおでした。なんというミラクル。

移動中はコロナ禍のため、席を回転せず移動。移動中は自分の手帳の余りスペース使って絵しりとりを実施。これは伝わるだろうと思って描いたものが意外と混乱させてしまったりと絵しりとり特有のワイワイ感を楽しめました。ただし、全員が絵描きということもあってか、スムーズに何の絵なのかが伝わってすごかった。
ちなみに自分は途中から捻った絵を描き始めた。そんな絵を受け取る羽目になるmozuさんすみません(謝罪)

オタクくんこういうの好きでしょな風景
海側の席を確保したので道中の車窓から見える海の景色がきれいでしたわぁ。和歌山の工業地帯だったり、和歌山駅だったりと、おしゃべりしながら電車ならではの良さを味わえて大変良かったです。

ちなみに自分は白浜駅ついて、切符が無いことにメチャメチャ慌ててしまった。カーディガンのポケットに入れていたので、無くしてなかったのですが、普段ものを入れないカーディガンのポケットに入れていたので5分くらい探してしまった。反省です。

白浜観光

レンタカー確保

白浜駅ついて、予約したレンタカーに連絡したところ、自分の勘違いで迎車していないとのこと。ここでもやらかしました。事情を他の方に伝えつつタクシーでレンタカーの事務所に向かい、レンタカーの確保。
ほぼ運転しない自分でも白浜は道も広いしめっちゃ運転しやすかったです。ただそんな自分の運転に付き合っていただいて申し訳無さでしかないですわぁ。
ちなみに、好みの音楽とか流せるのかなあと思って色々仕込んでいたけど好みの音楽を流せなかったので、カーナビに入ってる曲聴きながら移動してました。

超遅めの昼食→とれとれ市場

SUSHI
レンタカー確保後は遅めの昼食ということでとれとれ市場近くの回転寿司へ。
地域共通クーポンのおかげで1万位の料金をほぼ0にしてしまった。
お昼の時間からそれてたせいなのか、人がほぼいなかった。

とれとれ市場
その後は近くのとれとれ市場で買い物&観光。観光客でごった返していてすごかったし、時間の都合上全部回りきれなかったけど品数と店舗の広さに圧倒されましたわ。
画像で載せたくじらの唐揚げを夜のおつまみ用に確保。普段くじら食べられない分、テンション上がって買ってしまった。

ホテルチェッキン

ホテルシーモア
買い物後はようやくチェックイン。この時点で16~17時だったのかな。他の宿泊客に比べてめっちゃマイペースで行動してたなーと感じてしまったり。



私とmozuさんのお部屋は洋室。ギリギリ海が見えるお部屋でした。
部屋の設備は全体的に古めかしい感じでしたけど清潔感はあったので良かったですわ。

インフィニティ足湯からの夕日
部屋に荷物置いて部屋を出たところ、ちょうどいいタイミングで足湯のあるところから美しい夕日が見えました。あともうちょっと部屋でグダグダしてたら美しい夕日を逃していたかも…って感じのギリギリっぷりでした

色々白浜観光

夕日を臨んだあとは夕飯の時間まで徒歩やレンタカー使って白浜をぐるり。本来なら日中に巡るべきスポットを日が沈んだ白浜をレンタカー飛ばして移動してました。

にしても日が沈むと街灯がほぼないから車のライトだけで進む白浜はちょっと怖かったです。
三段壁
三段壁。2月にも行ったけどあのときはぼっちで夕日眺めてました(過去形)

円月島。
円月島。暗すぎて車停められるスポットがよくわからなかった思い出。街灯がほぼ無いために、円月島の近くにある自販機がすごく輝いてた思い出。時間も18時位だったので人がいなかった。


円月島を臨んだ道路からパシャリ。オタクくんこういうの好きな構図してます。


白良浜。これも昼間行くべきだね。クリスマス間際ということもあってか、浜辺にイルミネーションが飾ってありました。久しぶりの海にテンションあがりました。砂浜くると波がくるかこないかのギリギリのラインを攻めますよね。


テンション上がって落書き。この他にもハングルで書かれた落書きがありました。砂で時間とともに消えるから炎上しない!!

夕飯で優勝


レンタカーを返し、ファミマで食品調達し、ホテル内のレストラン『円座』で夕飯。
ご時世的に他のグループと距離が話されてゆっくりと食事できたし、ご飯は美味しいし最高でした。テーブルも広いので、ストレスなく食事できました。地元の梅やみかんを使ったジュースで乾杯し、優勝しました。

お風呂→部屋でまったり

お風呂

お風呂も非常に良かったです。ホテルシーモアは好みのシャンプーをチョイスして使えるので、自分は確か香りのするアフリカのシャンプーを選んだのかな。ホテルだとシャンプーの選択肢が限られてたり、質が良くなかったりしますが、こういうところで地味にこのホテルにしてよかったーなところを楽しめました。

お風呂自体も広く、充実してました。個人的に苦労したのが視力の悪い裸眼の状態で特に案内や注意書きない階段をくだって露天風呂に向かうあたりでした。mozuさんの助けがなかったら階段から落ちて全裸で怪我したかもしれない。
立ち湯のあって浮かんだりした。楽しい。本来なら、太平洋を臨めるお風呂であったけど、夜だったので何も見れなかった!!

キトさんと通話

今回、不参加であったキトさんとビデオ通話を通じて会話しました。
旅の様子をDMでシェアしたり、こういうことがあったーというのを通話で話しました。
Wi-FiとiPadがあれば遠隔で話せるのは強い。

ボドゲ大会

海底探検

自分が持ち込んだボドゲをいくつかプレーして交流しました。

前泊編でも出てきた海底探検。正直、誰が勝ったのがおぼえてないですが、自分はうまいこと点を獲得できず死んだ覚え(前泊でのテストプレイから何も学習しない)

我流功夫極めロード


持っている手札を使ってオリジナルの技名を叫ぶボドゲでした。カンフーということで買ったのですが、これが一番盛り上がったかな。
やる前はなかなか恥ずかしくて技名を叫べないとかあるのかなとかかんがえてましたが、初見にも関わらずオリジナリティ溢れる技名が出されたりと、リアルならではな盛り上がり方ができて一番熱かったかなと思います。
一巡だけ記録用に参加者が技名を叫ぶ動画を撮ったのですが、なかなかいい思い出がとれたなあと思ったり。

自分は「幻」「影」「黒」「龍」「覇」というカードを使って「幻影より出し漆黒のドラゴン!覇!!」という技を編み出してました。
「覇」のカードが邪魔やな~と思ってましたが、最後の掛け声的なやつという役割で乗り越えました。ノリと本人の解釈次第でなんとか乗り切れるのがこのボードゲームの強みかもしれない。
創作とかオタクやってる人同士でやりたいゲームですね!!

推しの尊さを語る君と知ったかぶりの私へ

コミュニケーションしつつボードゲームもできたらと思って購入。参加者うち一人は話せるけど推してはいないものを語って残りは好きなものを語り、推してはいないものを語っていた人を当てるというゲーム。
なかなかお互いが知らないものをテーマに選んだり、自分が推しているにも関わらず話し方によってそこまで推しているようには見えなかったりと、会話ならではな楽しみ方ができたかなと思います。
Twitterや交流をしているとわかる部分もあるけれどそれ以外の面をこのボドゲを通してで引き出せたかなと思います。

その他諸々

ボドゲも落ち着き、2時くらいまで会話してた気がします。それでも物足りなさはメッチャありましたが。
とれとれ市場で買ったくじらの唐揚げ食べたり、食料調達のために寄ったファミマの中で謎のテンションの中でチョイスされたツイステのお菓子を開けたりお酒を飲んだりしてました。
ホテルの部屋のプライベートな空間で久々にリフレッシュしたなあ~~~~~~~~~~~という気分でした。
アドベンチャーワールド目的ではあるけれど、普段からお世話になっているKFP勢の方との交流目的もあるので、終始濃いオタクの波にもまれながら非常に楽しい時間を過ごせたな~~と旅行終わってからもしばらく感じてました。

昼間の観光については半分ノープランな感じだったけどもうちょっと効率いい感じに巡れたのかなーとあとから反省会してました。ただそんな半分ノープランな感じでも楽しい2020年中の素敵な思い出は生まれました。感謝。

アドベンチャーワールドに行く2日目に続きます!!